7月2日(火)~7日(日)チャンタソン・インタヴォン 吉田 容子 「語りかける布と石 〜ラオスの織物と世界のクリスタル〜」

帝国ホテルプラザアートセレクション

チャンタソン・インタヴォン、吉田 容子語りかける布と石 VOL.2

〜ラオスの織物と世界のクリスタル〜

2019年7月2日(火)〜7月7日(日)

*最終日の展示は17:00で終了

アジア最後の秘境と言われる多民族国家ラオスの女性たちが紡ぎ出した美しい刺繍の織物と、世界中から集められた色とりどりのクリスタルをご紹介いたします。

(観覧無料)

【開催場所】愛でるギャラリー祝(2階)

チャンタソン・インタヴォン

日本の大学を卒業後、NPO法人「ラオスの子ども」を設立し代表を務める。絵本や児童書の出版、学校図書室の設立、子どもが遊び学べる場の運営支援などに取り組むなか、女性の経済力の向上を支援する活動として「ホアイホン職業訓練センター」を10年前に設立。26年にわたる活動が国際的に認められ、2008年にIBBY・朝日国際児童図書普及賞を受賞。著書に『ラオスの布を楽しむ』(アートダイジェスト)がある。

吉田容子

2006年に、カリフォルニアのマウント・シャスタを訪れたことをきっかけに、自然界の美しさに魅了される。「人間は誰でも自分の力になってくれる石を必要としている」というインディアンのラコタ族の言葉のもと、ストーン・インポーターとして世界中で石を求め、それを必要とする人へ届けている。